スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.11/23(Mon)

入院1日目【午後~前処置~】

午後2時頃。オペ室の看護士さんが来て、麻酔についての説明をしてくれた。
麻酔は腰椎麻酔なので、麻酔科の医師ではなく執刀する産婦人科の医師が打つ。予想される後遺症や注意点などの説明を受け、短時間で終了。

そしてまたしばらくヒマになる。自販機で買ってきたジュースを飲みながら週刊誌を読みふける。
担当の看護士さんが来て
「処置室が空いているので剃毛をしちゃいましょう」

そう。そうなのだ。
恐れていた剃毛があったのだ!!

病棟内にある処置室の内診台に上がり、
「すみません、出血がまだあるんですけど…」
「大丈夫ですよ。」
カーテン越しに看護士さんが『おシモの毛』を剃り始めた。まずはバリカンでじょりじょり。
「ちょっと泡付けますね」
そしてカミソリで。
なんだかとっても申し訳ない。女同士とはいえ、気まずい感じ。いや、そう思うのは私だけで看護士さんはお仕事だし慣れていて何とも思わないのかもしれないけど、でも場所が場所だけに(複雑な形状だもんねぇ^^;)てこずっている様子が伺える。どういう風に剃ればいいか事前にわかっていれば自分でやってきたのにって思う。
「TCRって、何件ぐらいやってるんですか?」
「最近はそれでも多くなって、月に1件はあるかなぁ。切っちゃう人の方が多いからね。」
えー?それでも月1件なんだ。大丈夫かな(汗)
やっぱり切ってしまう人の方が多いんだ。筋腫の手術って、核出よりも子宮全摘の方がはるかに多いのも、子供を産み終えた年齢に好発しているからなんだろう。

無事にジャングル伐採が終了し、下着をつけようとふと『私自身』の方へ目をやると・・・

それはもうショッキングな光景。

まるで少女ですよ、オクサン。 (  ̄ノ∇ ̄) ̄ー ̄)ヒソヒソ

哀しい気持ちで部屋に戻り、そうだ!シャワーの順番を取らなければ…とシャワー室前のホワイトボードへ部屋番号と苗字を記入しに行く。

そしてまたヒマになる。
3時半頃、相方登場。さすが入院経験者。色々と差し入れを持ってきてくれた。
唇が乾くからとリップクリーム。薬を飲むための水(ミネラルウォーター)、そしてお茶やポカリを何本も。それからおやつのお菓子とミニカップ麺。おまけに今週の「テレビガイド」と、テレビカードまで買ってくれた。
普段憎まれ口ばかりのマイペースB型男なのに、意外と気が付くのね♪と見直した。
しばらく談笑していると、看護士さん登場。
「先生が来ましたので処置室に来てください」

いよいよ恐怖のラミ入れだ~!!

「がんばってこいよ」
相方はそのまま帰宅。私はドキドキしながら処置室へ。やだなぁ。痛いと評判のラミ入れ
実は私、その昔流産処置の手術で一度経験しているのだ。その時は未産婦で、ラミナリアという海藻で出来た細い棒(水分を含んで膨張し、徐々に子宮口を広げる)を入れたのだが、挿入する時の独特の強い痛みと、その後ずっと生理痛のような鈍い腹痛が辛かった記憶がある。

「じゃ、ラミセルという細い棒が入りますからね。ちょっと痛いかもしれません」

え?ラミセルラミナリアじゃないんだ。
先生が看護士に「3ミリを1本ちょうだい」と言うのが聞こえる。
お腹に手を置いて口でゆっくり息を吐いて痛みを逃がしてみたら、あっという間に終わった。全然痛くない。その後15分位、軽い生理痛のような下腹痛があったものの、すぐに痛みは消えた。
なんだ、楽勝じゃん♪
後で調べたら、ラミナリアが天然素材ならラミセルは人工というだけの違いのようだ。
夕食後に飲むように、抗生剤(フロモックス100mg×1錠)を渡される。

そして恐怖の術前処置はあと一つ残っていた。それは『浣腸

夕食後、シャワーの順番も回ってきてサッパリしたところで、その時はやってきた。
これもお産の時に経験済みなのだが、すごーく辛かった記憶がある。液を注入しているそばから出したい衝動にかられるのだ。こればっかはキツイんだよ、本当に。

案の定、辛かった(-_-;)
恥ずかしいしゆっくりと用を足したいので、病室から離れている車椅子用のトイレにこもった。お腹が絞られるような痛みも苦しいけど、頑張って出し切ってしまえばスッキリ。あぁお腹も凹んだしデトックス出来た。でも…明日の朝も浣腸あるのよね(T_T)
寝る前に下剤も飲まなきゃだし、どんだけ出させるんだ。

そんなこんなで1日目が終了。ヒマながらもショッキングな出来事多発の1日だった。
下剤(プルゼニド12mg×2錠)眠剤(ハルシオン0.125mg×1錠)を夜9時に服用。
初めて飲む眠剤の効き目にわくわくしていたものの、まったく効かずに目はらんらん。気付けば夜中。そして朝方まで浅い眠りと覚醒を繰り返すことに(T_T)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 婦人病 - ジャンル : 心と身体

タグ : ラミ入れ ラミナリア ラミセル 浣腸

01:00  |  【手術】入院中のこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Tracback

この記事のトラックバックURL

→http://pichulemon.blog74.fc2.com/tb.php/68-6c98b247
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。