スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.10/18(Sun)

緊急受診

今日は大変な一日だった。

まだ、こんな風にPCに向かってる余裕は無いのだが、どうしても記録を書き留めておきたくて記事を打っている。

昨日の昼間、嫌なめまいがして、不安的中。
夜中3時頃に大量の出血と共にゴロンと今までになく大きな血の塊が出た。
(違和感で目覚めたのだ。)

そして朝、一時落ち着いたのでこのまま落ち着くかと思いきや、9時ごろトイレに行くとポタポタと流れ出てしばらく立ち上がれず。
安静にしていたが昼にまた多目の出血。その後落ち着いていたものの、15時に昨夜と同じ違和感がしてトイレに駆け込むと、なんと掌大の塊が!!

これはおかしい。
リュープリン初期の大量出血は「フレアアップ」と言ってよくあることだが、この時期の大量出血は他の原因が考えられるために心配なのだ。

今までかかっていた病院の救急外来に電話して事情を説明し、受診することになった。
内診の結果、心配していた筋腫分娩ではなかったものの、まだ子宮内に出血が見られるのでこの後も出てくるでしょう、との事。そして、先生から丁寧に説明を受けた。
まず考えられる事。
私の思っていたように、5回継続してリュープリンを打っていてこの時期の大量出血はおかしい。原因として考えられるのは、今まで筋層内に埋まっていた筋腫が、リュープリンでホルモンが枯渇しているために子宮内に飛び出してきた可能性がある。
そしてこの出血を止める方法は二つ。まず一つ目は緊急で子宮全摘手術。しかしこれは挙児希望ということで避けたい。もうひとつはピルで内膜を厚くして止める方法。ところがこれも一時しのぎで、しかも子宮鏡検査を予定しているのなら内膜が厚くなると筋腫の状態が見えにくくなってしまうため、その時はまたピルをやめて出血を起こさなければならない。
幸い、血液検査の結果ヘモ12.1で、貧血については何も心配要らない状態だった。
(それは安心した。)

しかしこのままでは出血がいつまでも続く可能性が高く、早く何とかしなければならない。
水曜日に予定していた紹介先の受診を、明日にしようと思い、早速上司に電話して許可を得た。

筋腫が飛び出してきているなら、それはそれで子宮鏡下手術がやり易くなるというメリットはある。
でも放っておいて様子を見ていられる状態ではない。
とにかく明日受診して今の状況を全部聞いてもらおう。

今日診てくれた医師が言っていた。
リュープリンこれだけやって(出血が)止まらないなら、もう打たないと思いますよ。…まぁ、どうせだから6本まで打ちましょうって先生もいるかもしれませんが。もうひとつディナゲストというお薬があるんですが、それの副作用が『不正出血』なんですよ(苦笑)」

ちょっと。。。今までの主治医のやり方、本当に大丈夫だったのか???
先月の、完全に出血が止まっていた期間に子宮鏡検査やっておけばよかったのでは??
今さらだけど、早くセカンドオピニオンを求めなかったことに後悔。。。(-_-;)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 婦人病 - ジャンル : 心と身体

タグ : リュープリン 大量出血 粘膜下筋腫

21:02  |  発覚~治療  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2009.10.19(月) 00:04 |  | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Tracback

この記事のトラックバックURL

→http://pichulemon.blog74.fc2.com/tb.php/36-49f41942
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。