スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.09/02(Thu)

三回目のTCRに向けて

今日はK病院で子宮鏡検査があった。


結果はやっぱり、入院して全身麻酔してTCRで癒着部分を切り離しましょうということになった。
先生は、何とか外来で処置できないか、今回新しい機械(カメラ)を使って癒着部分の剥離を試みて下さったらしい。検査の最中、何度かピリピリする痛みがあった(><。)
(検査後の出血もけっこう有った

しかし残念ながら、癒着は厚くしっかり繋がってしまっているようだ。

ということで、そのまま急いで術前検査(血液検査・胸部レントゲン・心電図)も済ませ、入院についての説明も受けた。今回は家族への説明は省略。次回K病院へ行くのは入院の日だ。


カルテへ記入された病名も、『子宮粘膜下筋腫』は消え
アッシャーマン症候群』
と変わった。

ネットで調べると、子宮内を手術等で操作した後に起こり易いと書いてある。
それでも発生は稀なもの。
中絶や流産の掻爬術が原因になることが多い。
私の場合、やはり地元での一回目のTCRが一番の原因だろうと思う。特に術後の癒着防止措置が取られていなかった訳だし(癒着防止の為の子宮内リング装着も、内膜再生の為のホルモン療法も何もしなかった。)
過去の流産による掻爬術だって、その後に息子を出産しているんだから原因とは考えにくいし。

今回、術前に内膜を薄くしておくためにディナゲストが処方され、手術の日から逆算して7日間飲むように言われた。これを飲むのは初めて。以前、リュープリン注射が6回を超えたらディナゲストで延長させる方法もあると地元の医師に説明を受けたけど、結局使わなかった。この薬の一番の副作用が不正出血なんだけど、今はもう粘膜下筋腫は改善されたから、恐ろしい出血に怯えることは無いかな。


しかしまぁ、我ながら色んな珍しい体験をするなぁとしみじみ思ってしまった

40の壁がすぐ近くまで迫ってきて、焦りが無いと言えば嘘になるけど…
もうこうなったら超高齢出産でも頑張って夢を叶えてやる!
運動会のPTA対抗リレーで20代のママに勝てなくたっていいさ。赤ちゃん抱っこして「ばあば?」って思われてもいいさ。今の時代、そんな珍しいことじゃないし。


とにかく頑張るぞ!!

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 婦人病 - ジャンル : 心と身体

タグ : アッシャーマン ディナゲスト

22:58  |  アッシャーマン症候群  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2010.09.05(日) 01:32 |  | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Tracback

この記事のトラックバックURL

→http://pichulemon.blog74.fc2.com/tb.php/188-51324e96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。