スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.08/05(Thu)

再手術後一ヶ月検診

二回目のTCRから一ヶ月と一週間。
術後の子宮内の様子を診るための子宮鏡検査と、子宮内に入れてあるリングを外すために診察を受けに行ってきた。

15時の予約だったので少し早めに14時半には病院に到着。R先生の午前の診察もある日なので、待つことを覚悟してきたのだが、意外にもすぐに呼ばれた。

検査中…先生は無言、と言うかう~んと考え込んでいるご様子。


悪い予感って何で的中するんだろう。


「ちょっとがんこな癒着があります。ちょっと時間を置いてもう一度検査して、剥離出来るかやってみましょう」


え、何?どういうこと?
今回の手術で癒着も剥がしてくれたんじゃなかったの?それとも新たな癒着?

その後、準備の関係で先に1人診察をして、再び名前が呼ばれた。
二回目の子宮鏡は最初の物と違うらしく、後でカルテに「硬子宮鏡で検査」と書かれていたのを見た。
けっこう長い時間カメラが入り、途中、内圧を上げるように看護師が指示されていた。

子宮鏡の検査は、生理痛の様な鈍痛があるため、口で息を吐いて痛みを逃していた。そんなこんなで緊張もあったため、検査が終わるとグッタリで看護師さんが
「時間長かったから大変だったでしょう?ご気分は大丈夫ですか?」
と声をかけてくれた。う~ん、優しい。先生が器具を取りにちょっとでも席を外されるときは下半身にバスタオルをかけてくれるし。そういう心遣いで、病院の印象がぐっと良くなる。

最後にリングを抜き取って終了。これは一瞬だけどとても痛かった(><)

そして先生からの説明。

「今日の検査の一番の目的は、癒着していないかどうかを診るものです。普通は、術後一ヶ月で癒着していても子宮内に糖液を入れて圧をかければ簡単にはがれます。でもアナタのは内膜の癒着ではなくて筋腫の有った部分なので、癒着の感じから見て今回の手術によるものとは考えにくいです。やはり前回の手術が原因でしょう。」

今回のカメラの映像も見せていただいた。
素人の私が見ても何がなんだかよく解らないけど(汗)
右の卵管の入り口の穴はちゃんと見えたのに、左はちょうど卵管の前辺りに厚い壁がひとつ出来ていて、まるでトンネルが二股に分かれている場所みたいな感じになっている。これは剥がすと言うよりは切らないとダメじゃない?という事は私にも理解できた。

「筋腫は埋まっている部分が多かったので大変でしたけど、たくさん削り取りましたから。普通は無理です(←ここが、R先生がご自身の腕に自信をお持ちである故の発言・笑)
もう筋腫は見えないですし今日リングも外したので、もっと生理は軽くなると思います。癒着については、場所的に妊娠には影響は少ないと思いますが…お子さんが欲しいでしたよね?これから結婚するならまだ時間の余裕はある。完璧な状態にしてからじゃないと帰せません(笑顔)」


イヤ、先生。ワタシの年齢的に余裕は無いですけど(^^;)

と言う事で。
10月28日に三回目のTCRの予約が入った。

念のため来月の頭に再度子宮鏡検査をして、その結果次第という事だったけど、9割方手術の方向になると思う。来月に手術予約を入れるとなるとまた先になってしまう為に今日の時点で入れてくれたのだ。
ベビ待ちがまた延びてしまった。。。
でも、流産や癒着胎盤の恐れを抱えながらの妊娠もイヤだし、この際きちんと治した方が今までの治療の経緯も無駄にならないと思うし。

とはいえやっぱりショックで帰りの新幹線ではボー然として何も考えられなかった。


上を見ても下を見てもキリがないけど、でも命に関わるものではないだけ、良かったと思わなきゃかな。
まだ次回の生理が来てみなきゃ何とも言えないけど、ひとまず筋腫による様々な困った症状からは開放されそう。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 婦人病 - ジャンル : 心と身体

タグ : 子宮鏡検査 子宮内腔癒着

00:36  |  【再手術】退院後のこと  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2010.08.05(木) 01:16 |  | コメント編集

子宮筋腫・・・でお世話になっております、さおりです。
2週間ぐらい体調を崩し久しぶりに掲示板をみたら彩さんが
再々手術になる可能性だと知り、なんともいえない気持ちでしたが
こちらのブログを拝見して少し安心しました。
先生の「完璧な状態にしてからじゃないと帰せません!」
はとても心強いお言葉ですね。
心身ともに大変だけど頑張ろう!てなりますものね。

私は水曜日、1回目のリュープリンです。
先生はどちらでもいいよと言ってくれましたが、説明を聞いてたら打っといたほうが手術では体への負担が少ないようなので2回だけすることにしました。

どちらにコメントしょうか迷いましたが・・・図々しくこちらにお邪魔しちゃいました。すみません。

暑い中、遠距離通院たいへんですね。どうかご自愛ください。


さおり | 2010.08.31(火) 01:04 | URL | コメント編集

●>さおりさん

ブログの方にお越しいただき、コメントまで入れてくださってありがとうございます。嬉しいです(^o^)

さおりさんは腹腔鏡でのオペを予定されていましたよね。
核出の場合、どうしても出血量が多くなってしまうので(子宮はたくさんの血管が通った血液豊富な臓器なので)手術の安全のために、子宮への血流量を減らす目的でリュープリンを打つんですよね。
2回なら、副作用に苦しむ前に済むと思いますよ(^^)

さおりさんは明日受診なんですね。
残念(><)私は一日違いの木曜日に子宮鏡検査があります。
もう再々手術確定の覚悟で居ますが、あの病院なら安心してお任せできます☆

また何かありましたら、いつでもコメントして下さい。
もちろん読み逃げも大歓迎ですよ♪
彩 | 2010.08.31(火) 20:10 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Tracback

この記事のトラックバックURL

→http://pichulemon.blog74.fc2.com/tb.php/174-e79db51a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。