スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.08/06(Thu)

出血が止まらず…受診

7月10日から始まった大量の生理。(なんか変な日本語?)

今日現在、止まらず。(ーー;)

普通の人の生理?(自分が筋腫になる前の生理)
の、4日目ぐらいの量の出血が毎日続くのだ。
普通サイズのナプキンを3~4時間に一度交換するぐらいの量。

毎日鉄剤(フェロミア)を飲み続けているせいか貧血の自覚症状は無いんだけど、それでもこれだけの『血』が自分の体内から出て行くのを見ていると、さすがに大丈夫なのかと不安になり、次の予約を待たずに診察してもらうことにした。

結果、やはり筋腫の出来ている位置のせいで出血が止まりにくいとの事。
このままリュープリン注射を続けていけば必ず出血は止まるということだが、次回の診察(二週間後の、三回目リュープリン注射)の時にまだ止まっていなかったら、ホルモン剤(飲み薬)を使いましょう、という事だった。せっかくホルモンを抑える注射をしているのにその逆の作用をする事になるので、あまりやりたくないようだ。

でも、希望の光もあった。

主治医の考えで、内側に飛び出ている粘膜下筋腫だけを削り取る【子宮鏡下手術】をして、開腹手術はしないで妊娠に挑んでみたらどうかと言われたのだ。

「先生によっては、同時に開腹もして筋層内筋腫も取ってしまおうと言うかもしれないけど、そうすると子宮の壁が薄くなってしまうため、それよりも筋層内筋腫は残して妊娠の妨げになる可能性の高い粘膜下筋腫だけを除けば、生理の出血も軽減するだろうし挙児を考えるならその方が良いと思う。筋腫があるからといって妊娠出来ない訳じゃないですし、このサイズで妊娠されている方は居ます。」

「じゃあ、子宮鏡手術をすれば、開腹手術はしなくて済むのですか?」

「ん~・・・絶対しなくて良いとは言い切れませんが、僕は不要だと思います」

まずは子宮鏡検査をするそうだ。
入院期間も社会復帰も早く済む子宮鏡下手術だけで治癒できるのなら、願ったり叶ったりだ。もちろん開腹手術とはまた別のリスクも伴うし完全治癒にはならない。でも当面の希望は過多月経の軽減と挙児なので、その方法がベストな気がする。出産後、またひどくなってきたら今度は全摘を考えればよい事だし。

良い方向に向かうといいな。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 婦人病 - ジャンル : 心と身体

12:05  |  発覚~治療  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Tracback

この記事のトラックバックURL

→http://pichulemon.blog74.fc2.com/tb.php/16-5012fd6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。