スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.06/29(Tue)

再手術…入院2日目【手術当日・その四】

夜になり、先生の診察があるので処置室へ行きましょうと夜勤ナースが来た。

ひょえ~っ。もう歩かされるんだ
無理っぽい気がするけどがんばってみるか。

恐る恐る立ち上がると、やっぱり強烈なめまい。
ゆっくりと慎重に歩きながら処置室へ。
膣内に入れられていたガーゼが抜かれる。ズルズルズルズルと、まるで手品で国旗が連なったヤツでも出してるんじゃないかと思う様にいつまでも長~いガーゼが引っ張り出される感覚は、何とも痛気持ち悪かった。(-_-;)

「前回のオペではほとんど取れてなかったみたいね。それに前回の影響で癒着が思ったよりひどくて、それを剥がすのに苦労しました。とても大変でした。」

そうだったんだぁ。
この道のスペシャリストでも苦戦したと言うことは、子宮内の状態は相当悪かったんだろう。

「リング入ってますからしばらく痛みはあります。出血もあります。出血は仕方ないです。少量なら問題ないです。大量の時は早めに連絡してください。お風呂は5日後くらいでOKです。それまではシャワーだけね。それとアナタの場合は…子宮の中の状態を良くするようにホルモン剤を出しますから飲んで下さい」

ということでプレマリン(エストロゲン製剤)が処方された。

部屋に戻り、少しでも動こうと頑張って手術着から自前のパジャマに着替え、今日から飲むように処方されたリカバリン(いつも私が生理時に飲んでいたのと同じトラネキサム酸。止血剤)二錠と、抗生剤(パンスポリン)を飲んだ。
手持ちのめまい止め(トラベルミン)と精神安定剤(アルプラゾラム)は飲んで良いと言われたのでこれも飲む。そしたらそれが効いたのか、吐き気とめまいは大幅に改善された。(トラベルミンは乗り物酔いに効果のあるお薬なので、沈吐作用がある)
水分を多くとって体内から麻酔薬を早く排出しましょうとナースに言われていたので、吐き気が治まるとどんどんお茶や水を飲んだ。ヨーグルトも最初は少しずつだけど、時間をかけて一個完食出来た。

最初の排尿は痛みが伴ったけど、それも何回か行くうちに改善された。

リハビリを兼ねて談話室まで歩いて行き、息子に電話した。
元気な声を聞いてちょっと涙が出そうになった。

消灯前に例のスパルタなナースが来て、私が立ってうろうろしてるのを見てニッコリ。
「ずいぶん元気になって良かったですね」
「ハイ、ありがとうございます」
「夜中にお腹が空いたら下のコンビニで夜食買って食べても良いですからね」
「わかりました^^」

この調子なら予定通り退院できそうだ。
出血も徐々に少なくなってきた。あんなにナプキン買い足さなくてもよかったな(^_^;)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 婦人病 - ジャンル : 心と身体

10:23  |  【再手術】入院中のこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Tracback

この記事のトラックバックURL

→http://pichulemon.blog74.fc2.com/tb.php/154-65a77d4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。