スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.07/23(Thu)

リュープリン注射2回目

今日は総合病院の受診日だった。
午前中だけ代休を取り、9:30の予約だったので9時過ぎには病院に到着して受付も済ませた。
が、待ちに待たされて順番が回って来たのは10時40分過ぎ。。。
硬い長椅子に長時間座って待たされるのは非常に疲れる。何とかならないものか

まずは2回目のリュープリン注射。お腹の皮をつままれて…
「ちょっと痛いですけどごめんなさいね~」
先生の打ち方が上手いのか、前回も今回もチクッとしただけでほとんど痛くない。
そして普通にばんそうこうを貼られる。

先生「出血はどうですか?」
私「まだ続いてます。普通に生理の量です。」
先生「そうですかぁ…。う~ん。内膜側に出来ている筋腫は出血が止まりにくいんですよね。MRIの説明はしましたっけ?」
私「詳しい説明はまだです。」
先生「じゃあ注射の後にご説明します」

今回は丁寧に説明してもらえた。
MRIの画像を見ながら、筋腫が内膜側に突出していてそのせいで生理の出血量が多くなること、大きさは5cmの球状で、たぶん1個だけだろうという説明を受けた。

「手術でコブだけ取る事が出来ます」

それを聞いて張り詰めていた緊張の糸がほぐれた。
前回の先生の様子から、【残念ながら全摘するしかないです】と言われるんじゃないかとビクビクしていたから。。。
ネットで見ていたら自分の症状が線筋症によく似ていたから、そっちなんじゃないかって思ってたから。。。

これで第二子の可能性は残せる!

ただ、やはり出血が止まらない為に貧血が改善しておらず(それでも標準値にギリギリ届くようにはなった。毎日鉄剤を飲んでいるのに…だけど。)二本目のリュープリンが効いて生理が止まり、順調に貧血が改善されたら手術の準備に入るということで、予定通りいけば10月頃の手術になるでしょうとの事。リュープリンは計4回打つことになり、9月に自己血の貯血と手術前の各種検査をするという事だ。筋腫核出手術は多くの出血を伴うため、貧血の改善は必須なんだそうだ。

早速家族や相方に連絡した。皆、喜んでくれた。
戦いはこれからだけどね。
でも希望が持てれば前向きな気持ちで治療が受けられる。

仕事を休まなければならない期間や、私が入院中の時に息子をどうするか等の考えなきゃいけない課題はたくさんあるけど、
とにかく頑張ろう。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 婦人病 - ジャンル : 心と身体

12:02  |  発覚~治療  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Tracback

この記事のトラックバックURL

→http://pichulemon.blog74.fc2.com/tb.php/15-be47d3b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。