スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.05/23(Sun)

子宮全摘か筋腫核出か

とある掲示板で話題になっている件。

どうも全摘推進派が多く、むこうには書きにくいので自分の考えをここに書いてみようと思う。

私は子宮という臓器に特に執着も無ければ、役目を終えれば取り去ってしまうことに対して抵抗も無い。むしろ子宮ガンのリスクが無くなる・生理の煩わしさから開放されるメリットの方が魅力的だ。乳房を失うのとは違って外見的に女性の象徴がなくなる訳でも無いし、卵巣からホルモンが出るので体調にも問題は無いと思う。

でもそれはあくまでも「役目を終えたら」で、今の私は、妊娠・出産の可能性を残すために子宮温存(つまり筋腫のみ核出)を希望している。

確かに何度も入院や手術を繰り返すのは嫌だ。体の負担はもちろん、経済的にも負担はかかるし職場へ迷惑もかかるし、自分が不在中の家族のことも何とかしなきゃならない。今はまだ何とかなっても、この先再発した時には生活環境が変わっていてもっと大変かもしれない。

でも、諦めちゃったらそれまでだから。

もちろん、筋腫を取ったからって必ずしも妊娠・出産できるとは限らない。
40代になると自然妊娠率はぐっと落ちると言う。筋腫だけじゃなく、他の体の不調が出てくる可能性も高くなる。
(既に出てるけど...涙)

でも。

少しでも可能性があるうちは諦めないで希望を持ちたい。
やり直しが利くうちは、大変だろうが何度でもやってやる。

一般的に、多発性は再発し易いけど、一個だけならその心配も少ないらしい。
幸い私のは一個だけ。それに体に負担の少ない手術の適応。
だから選べたんだとは思う。

もし、何人もの医師に診ていただいて無理だと言われたら、ものすごく悩んで泣いて大事な人達に相談して決心することになると思うな。

子供を持たなくても夫婦仲良く充実した人生が送れれば、それはそれでとても幸せなことだと思うし、老人ホームで働いていると、時々そんな風に思う場面に遭遇する。
どっちの人生を選んでも、得るものも大きければ失うものも大きい。
選びたくても選べない場合もある。実際は選べないで受け入れていくしかない事のほうが多いけどね。

なんかまとまらない文章になってしまったけど、
悩むことがあってなかなか答えが出せない時は、結果を恐れずに飛び込んでみるのもひとつのテかも?

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 婦人病 - ジャンル : 心と身体

21:57  |  再手術に向けて  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Tracback

この記事のトラックバックURL

→http://pichulemon.blog74.fc2.com/tb.php/133-0fa52172
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。