スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.08/15(Sun)

術後2回目の生理

結局、建設会社には先週中に連絡する約束だったのを連絡しないまま、今の職場の上司にも何も相談できずお盆休みに入ってしまった。先方は遅くても9月1日から勤務出来る人じゃないと困ると言っていたし、うちの職場の就業規定には退職日の一ヶ月前までに申し出る決まりになっていたので、現実的に無理だったと思う。
残念だけど。。。

リングを外してから生理痛様の下腹痛がなくなったものの、時折少量の不正出血は続いていた。
金曜日には濃い目の出血が有り、翌日土曜日の朝には基礎体温がガクンと下がり本格的に生理が始まった。

そういえば金曜日の朝、右手のひじから手首にかけての肌の表面がボコボコになっていた。痛くも痒くもなく、蕁麻疹とも何か違う感じ。ネットで症状を調べてみるも当てはまるものは見つけられず。
一体何なのだろう?
木曜日の夜からいつもの顔面右半分がとても痛かった。鼻の穴も耳の穴も目の奥もピリピリとした痛みが走るので、ヘルペス?と思ったけど特に水疱は出来ていない。今日はもう痛みは無い。手のボコボコも今朝には治っていて、かすかに全部の毛穴が赤くなっているように見える。何かにかぶれたのかな。

そんなこんなで、頭痛がひどかったせいで鎮痛剤を続けて飲んでいたため、生理痛を感じる時は無かった。いや、でも今までは鎮痛剤を一日三回飲んでも合間に強い痛みを感じていたはず。もしかして軽くなった?
出血に関しては明らかに軽減している。
今までの癖で二日目の昼間は夜用スーパーサイズを当てていたけど、「多い日昼用or昼間長時間用」でも十分間に合う感じ。これは嬉しい。R先生のおっしゃったように、筋腫についてはキレイに取れたので生理が改善されたのかも。まだ二回目だからこれからどうなるか…だけど、前回TCR後の生理は二回目にして『異常』だったもん。

精神的な面でも、相方としっかり向き合って話が出来た事、ちゃんと『仲良し』出来ることが確認できたことで(笑)ホッと一安心した。(←コレも結構、重要。)
心を通い合わせるのにはスキンシップも大事だね(^^;)

今日は美容院に行ってカットとカラーをしてきた。
どうも今流行のボブや重めなスタイルが似合わないので、長いまま全体をすいて軽くしてもらった。ウルフな感じ。毛先にパーマが残っているので良い感じに仕上がった♪

身も心もリフレッシュしたところで、また明日から頑張ろう。

スポンサーサイト

テーマ : 婦人病 - ジャンル : 心と身体

19:28  |  【再手術】退院後のこと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.08/05(Thu)

再手術後一ヶ月検診

二回目のTCRから一ヶ月と一週間。
術後の子宮内の様子を診るための子宮鏡検査と、子宮内に入れてあるリングを外すために診察を受けに行ってきた。

15時の予約だったので少し早めに14時半には病院に到着。R先生の午前の診察もある日なので、待つことを覚悟してきたのだが、意外にもすぐに呼ばれた。

検査中…先生は無言、と言うかう~んと考え込んでいるご様子。


悪い予感って何で的中するんだろう。


「ちょっとがんこな癒着があります。ちょっと時間を置いてもう一度検査して、剥離出来るかやってみましょう」


え、何?どういうこと?
今回の手術で癒着も剥がしてくれたんじゃなかったの?それとも新たな癒着?

その後、準備の関係で先に1人診察をして、再び名前が呼ばれた。
二回目の子宮鏡は最初の物と違うらしく、後でカルテに「硬子宮鏡で検査」と書かれていたのを見た。
けっこう長い時間カメラが入り、途中、内圧を上げるように看護師が指示されていた。

子宮鏡の検査は、生理痛の様な鈍痛があるため、口で息を吐いて痛みを逃していた。そんなこんなで緊張もあったため、検査が終わるとグッタリで看護師さんが
「時間長かったから大変だったでしょう?ご気分は大丈夫ですか?」
と声をかけてくれた。う~ん、優しい。先生が器具を取りにちょっとでも席を外されるときは下半身にバスタオルをかけてくれるし。そういう心遣いで、病院の印象がぐっと良くなる。

最後にリングを抜き取って終了。これは一瞬だけどとても痛かった(><)

そして先生からの説明。

「今日の検査の一番の目的は、癒着していないかどうかを診るものです。普通は、術後一ヶ月で癒着していても子宮内に糖液を入れて圧をかければ簡単にはがれます。でもアナタのは内膜の癒着ではなくて筋腫の有った部分なので、癒着の感じから見て今回の手術によるものとは考えにくいです。やはり前回の手術が原因でしょう。」

今回のカメラの映像も見せていただいた。
素人の私が見ても何がなんだかよく解らないけど(汗)
右の卵管の入り口の穴はちゃんと見えたのに、左はちょうど卵管の前辺りに厚い壁がひとつ出来ていて、まるでトンネルが二股に分かれている場所みたいな感じになっている。これは剥がすと言うよりは切らないとダメじゃない?という事は私にも理解できた。

「筋腫は埋まっている部分が多かったので大変でしたけど、たくさん削り取りましたから。普通は無理です(←ここが、R先生がご自身の腕に自信をお持ちである故の発言・笑)
もう筋腫は見えないですし今日リングも外したので、もっと生理は軽くなると思います。癒着については、場所的に妊娠には影響は少ないと思いますが…お子さんが欲しいでしたよね?これから結婚するならまだ時間の余裕はある。完璧な状態にしてからじゃないと帰せません(笑顔)」


イヤ、先生。ワタシの年齢的に余裕は無いですけど(^^;)

と言う事で。
10月28日に三回目のTCRの予約が入った。

念のため来月の頭に再度子宮鏡検査をして、その結果次第という事だったけど、9割方手術の方向になると思う。来月に手術予約を入れるとなるとまた先になってしまう為に今日の時点で入れてくれたのだ。
ベビ待ちがまた延びてしまった。。。
でも、流産や癒着胎盤の恐れを抱えながらの妊娠もイヤだし、この際きちんと治した方が今までの治療の経緯も無駄にならないと思うし。

とはいえやっぱりショックで帰りの新幹線ではボー然として何も考えられなかった。


上を見ても下を見てもキリがないけど、でも命に関わるものではないだけ、良かったと思わなきゃかな。
まだ次回の生理が来てみなきゃ何とも言えないけど、ひとまず筋腫による様々な困った症状からは開放されそう。

テーマ : 婦人病 - ジャンル : 心と身体

タグ : 子宮鏡検査 子宮内腔癒着

00:36  |  【再手術】退院後のこと  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。