スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.08/20(Thu)

リュープリン注射3回目

今日は受診だった。

終わらない出血、そして日に日に重くなる更年期症状。
色んな苦しさから救われるかも?という希望のもと、待ちに待った受診だったのだが。。。


今日はリュープリン注射だけでおわった…orz


前回「この次までに止まらなかったらホルモン剤を服用しましょう」って言ってたじゃん!!

「今度こそ止まるでしょう」

ってさ。(涙)

はじめの頃は全く感じなかった、リュープリンの副作用。
最近はなかなか辛い。私の場合、ひどいのがむくみ。次にめまい。そして倦怠感。
よく言われるホットフラッシュは、真夏で暑いせいもありよくわからないのだが、時折身体が火照った感じになる。それかな?
体調は本当に波が有って、平気な時は平気なんだけど辛くて起きていられない時もある。

ちゃんと10月頃に手術してもらえるのかなぁ?
子宮鏡の検査はいつやるんだろう(-_-;)

そして、本当に出血が止まってくれるのかなぁ?


ちなみにヘモ値は前回の検査で11.9まで上がっていた。こんなに毎日まとまった出血があるのに、意外と大丈夫なものなんだ。もちろん鉄剤を飲みつづけているからだと思うけど。

なんだかとてもがっかりだった。それと同時に不信感がつのってきた。
セカンドオピニオンを求めるべきかなぁ。でも無いんだよね、近場に良い病院or医院が。
スポンサーサイト

テーマ : 婦人病 - ジャンル : 心と身体

12:16  |  発覚~治療  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.08/14(Fri)

しんどい・・・

最近、一日の中で体調に波がある。
特に朝がダメで、今日も朝礼の最中に気が遠くなり倒れそうになった。
かと思えば何ともなく普通に元気な時間も有る。相変わらず出血は止まらず、時々大量に出る。かと思えば少なくなり、それがしばらく続いたり。

ネットで見ると粘膜下筋腫にはリュープリン投与は禁忌となっている。出血が止まりにくくなったり突然の大量出血を起こしたりすることがあるかららしい。
・・・じゃあ私のは大丈夫なの?

まったく毎日ヒヤヒヤもんだ。
生理用品はどんどん消費するし(--;)

高いお金を出して生理を止めるための注射をしているのに、止まるどころか余計にひどくなっておまけに更年期症状に苦しめられ、一体なんなんだ。

頼りのダーりんも意外と頼れないってことが最近よくわかってきて、なんだかなー。
出産しないのなら、さっさと子宮全摘してこの苦しみから解放されたいって思ってしまう(悲)

テーマ : 婦人病 - ジャンル : 心と身体

12:14  |  発覚~治療  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.08/09(Sun)

リュープリンの副作用?

ここのところ体調が悪い。
暑いとただでさえ調子悪くなるけど、やっぱり貧血や注射の副作用のせいもあると思う。

先週一週間は出血量が増えていたせいか、立ちくらみやめまい、強い倦怠感があった。心拍数もまた90以上を示すようになっていた。
それと、これが更年期症状のひとつなのか、夜なかなか寝付けない。気付けば眠っているのだが、布団に入って1~2時間は目が冴えて全く眠れない。それに休日でも朝早くに目覚めてしまう。
もうひとつ辛いのが足のむくみと筋肉痛。朝と夕方では足の太さが明らかに違う。そして両足の腿とふくらはぎが、ハードな運動をした後に起こる筋肉痛のように、凝ったようなダルイような感覚があって気持ち悪い。
あと、肌荒れ。カサカサして潤いが無く、急に老け込んだ感じ。(涙)
無い胸も更にしぼんで。。。

我慢できない症状ではないけれど、めまいと足のむくみはなかなか辛い。
筋腫の縮小と手術時の出血の軽減のためだと思って頑張ってるけど、早く全ての不快な症状から解放されたいよぉ。

テーマ : 婦人病 - ジャンル : 心と身体

12:12  |  発覚~治療  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.08/06(Thu)

出血が止まらず…受診

7月10日から始まった大量の生理。(なんか変な日本語?)

今日現在、止まらず。(ーー;)

普通の人の生理?(自分が筋腫になる前の生理)
の、4日目ぐらいの量の出血が毎日続くのだ。
普通サイズのナプキンを3~4時間に一度交換するぐらいの量。

毎日鉄剤(フェロミア)を飲み続けているせいか貧血の自覚症状は無いんだけど、それでもこれだけの『血』が自分の体内から出て行くのを見ていると、さすがに大丈夫なのかと不安になり、次の予約を待たずに診察してもらうことにした。

結果、やはり筋腫の出来ている位置のせいで出血が止まりにくいとの事。
このままリュープリン注射を続けていけば必ず出血は止まるということだが、次回の診察(二週間後の、三回目リュープリン注射)の時にまだ止まっていなかったら、ホルモン剤(飲み薬)を使いましょう、という事だった。せっかくホルモンを抑える注射をしているのにその逆の作用をする事になるので、あまりやりたくないようだ。

でも、希望の光もあった。

主治医の考えで、内側に飛び出ている粘膜下筋腫だけを削り取る【子宮鏡下手術】をして、開腹手術はしないで妊娠に挑んでみたらどうかと言われたのだ。

「先生によっては、同時に開腹もして筋層内筋腫も取ってしまおうと言うかもしれないけど、そうすると子宮の壁が薄くなってしまうため、それよりも筋層内筋腫は残して妊娠の妨げになる可能性の高い粘膜下筋腫だけを除けば、生理の出血も軽減するだろうし挙児を考えるならその方が良いと思う。筋腫があるからといって妊娠出来ない訳じゃないですし、このサイズで妊娠されている方は居ます。」

「じゃあ、子宮鏡手術をすれば、開腹手術はしなくて済むのですか?」

「ん~・・・絶対しなくて良いとは言い切れませんが、僕は不要だと思います」

まずは子宮鏡検査をするそうだ。
入院期間も社会復帰も早く済む子宮鏡下手術だけで治癒できるのなら、願ったり叶ったりだ。もちろん開腹手術とはまた別のリスクも伴うし完全治癒にはならない。でも当面の希望は過多月経の軽減と挙児なので、その方法がベストな気がする。出産後、またひどくなってきたら今度は全摘を考えればよい事だし。

良い方向に向かうといいな。

テーマ : 婦人病 - ジャンル : 心と身体

12:05  |  発覚~治療  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。